漫画を書くなら漫画専門学校に 専門学校に通うメリット4つ

漫画を描きたい、将来漫画家として仕事がしたいと思った時に漫画専門学校に行かなくてもプロになれる方もいますが、専門学校を卒業した方の方が圧倒的にプロになる確率が高いです。

そこで漫画専門学校に行くメリットを4つ紹介していくので参考にしてみてください。

参考WEB『私が絶対おすすめするイラスト・アニメ・デザイン専門学校・通信講座ランキング』

漫画専門学校に通うメリット

基礎を勉強できる

漫画の専門学校に通う1番のメリットは技術や知識の基礎を勉強出来るということです。

実際に漫画家として仕事をする時に漫画の基礎を知っている人の方が扱いやすい事もありますし、初めはアシスタントであっても基礎が分かっていれば即戦力になります。

独学で勉強してもいいのですが、何から始めたらいいかわからないし、強みや弱みを客観的に把握するのは難しいので、専門学校に行くと最短ルートで画力を高めるためのカリキュラムがあるので、確実に技術が上がります。

ペンの使い方から物語の構成に関することまで、読者に読んでもらえるような魅力的な作品作りに必要なノウハウは在学中に習得できるので独学で勉強してデビューするよりも編集者から重宝されます。

漫画の制作はとても奥深く色んな知識と技術が必要になります。

ストーリ構成だけでなくシナリオの書き方も勉強しなくてはいけませんし、最近ではデジタルコミックが主流になっているので、その技術と知識の習得も欠かせません。

プロとして活躍するためにはたくさんの学んで高い技術を身につける必要があります。

プロが直接指導

学校によりますが、担任や講師の方はプロの漫画家を採用している学校が多く、現場で求められる知識と技術を教えてもらえるメリットがあります。

プロの先生方も下積みを経てプロの漫画家になっているため、アシスタントに必要なすぎるや編集者の方との付き合い方、デビューを勝ち取る方法など具体的なにアドバイスしてくへます。

また就職先の紹介でも力になってくれること間違いなしです。

就職サポート

漫画家を目指していても何から始めればいいのか分からない方が多いと思います。

新人賞という賞を受賞するのは独学で勉強してきあ漫画家さんもいますが、才能があっても売り込をみを間違ってしまえば編集者の目にすら止まりません。

専門学校では編集者が求める原稿の書き方であったりコミュニケーションのノウハウや業界ならではのルールをしっかり教えてくれるので、安心して就職活動することができます。

また学校で編集者を招き、持ち込んで作品を批判してもらうためのイベントもあるので、デビューやアシスタントの紹介の足掛けを作ってくれています。

いくら絵が上手くてもストーリーが良くても漫画家として活動するにはきっかけが必要になりますが、きっかけを作るのは容易なことではありません。

自分でアポをとり直接出版社に持ち込もうとしてもなかなか編集者の目に止まることは難しいので厳しい現実を目の当たりにすることが多いです。

学校によっては持ち込み作品を批評してもらうイベントの他、企業や編集者とのマッチを目的とするイベントがあるなと色んなきっかけを学校側が用意してくれるメリットがあります。

経験もコネもない段階では学校のサポートを最大限に生かしながら仕事を得ることが確実です。

講師と親しくすることで就職なども含めて色んな情報を得られるということもあります。

在学中に講師の紹介で漫画制作のアシスタントのアルバイトをしそのまま仕事をゲットしたという方もいます。

普通にアルバイトを雇うよりも少し安い値段で仕事を頼みたいというのは良くあるので、在学中にこのようなチャンスが訪れるということも多々あるのでおすすめです。

仲間と切磋琢磨できる

漫画を制作する時は1人で黙々と孤独な作業をする方が多いので、モチベーションを維持しないと出来ないことも多々あります。

専門学校の場合同じような夢を持っている仲間が大勢いるのめ、仲間から受ける刺激は技術の向上もできますし、情報を共有しながら成長することもできるのは、独学では得ることができない醍醐味です。

専門学校を卒業してプロの漫画家として一戦で活動されている方も沢山いますが、どの方もプロ意識が高く本気で漫画家を目指していて努力している在学生の存在は卒業後も大切な存在になります。

仕事の紹介だけでなく一緒に仕事をする機会があるかもしれないので、情報交換をするなど色んな形で関われる仲間をたくさん作ることはこれからの活動にもそうですが、年齢が上がれば重要な人脈となり大きな武器になります。

一生付き合えるようなたくさんの仲間との出会いを作れる専門学校はかなりのメリットになります。

人との出会いは何よりの財産と言われるので、プロの漫画家を目指しているのであれば漫画の専門学校はおすすめです。

まとめ

漫画家を目指していると進路を決める時に迷うのは専門学校に行くか行かないかだと思います。

専門学校に行くと得られるメリットはたくさんあるので、もし漫画家を目指しているのであれば参考にしながら1番ベストな進路を選んでみてください。