漫画の専門学校を出て漫画家になれればもちろん最高!でも夢破れて就職となったら?

漫画の専門学校で学ぶ人、もちろん漫画家デビューを目指しての入学です。

在学中には授業だけでなく、業界の人とも合う機会が多いので、それなりに在学中からデビューの話が来る人もいます。

また講師の漫画家のアシスタントに引き抜かれることもあるのです。

しかし、夢破れた場合その後の就職はどうなのでしょう。

漫画家になりたくで漫画の専門学校へ

漫画家になりたいけどどうしたらいいのかわからない、絵を描く基礎もまだ全然という、夢が先行している人は多いです。

また、かなり描くことはできるけど、でも自分は引っ込み思案で自分からの売り込みは苦手、と言う人もいますね。

こうした人達の場合、技術を教えてくれてなおかつ、業界関係者の多く出入りする専門学校での時間は無駄になりません。

基礎を身に着け、無理のない程度に顔を売り、卒業する前にデビューの目処がつけられれば、もうこれは勝ち組です。

正直なところ、漫画やアニメの専門学校の場合、卒業してからではデビューは遅いのです。

在学中に最低でも、目処をつけておくことが必要です。

できるだけ多くの、人とのつながりを作っておくための学生生活、と思いたいですね。

そうすれば、卒業時には明るい未来が待っていることになります。

しかし残念ながら、卒業までにそれがかなわない人もいるのです。

全員が漫画家デビューできるわけではない

今の日本に漫画の専門学校の数、いくつあると思いますか。

実際とんでもない数があるのです。

そこに入る学生の数を学校の数にかけたら、それをこそ冗談だろうという数になりますね。

つまり、漫画の専門学校を卒業したら漫画家に全員がなれる、ということではないということです。

もし全員がなれるのなら、世の中漫画家だらけになります。

古い表現ですが、石を投げれば漫画家に当たる、になってしまうのです。

でも現実にはそうではなく、年間にデビューする漫画家も数はそう多くはありません。

となると、夢敗れる人のほうが多数、と言う悲しい現実も考えておかなくてはなりません。

夢が破れた場合、さてこの先はどうなるのか、ですね。

漫画の専門学校卒業したら

専門学校で全日制、2年制の学校ならば条件さえ満たしていれば卒業時に専門士の資格が取れます。

漫画の専門学校でも同じく、条件さえ満たせば専門士の資格が取れるのです。

またもちろん、卒業時には新卒として就職活動も出来ます。

ただもちろん、いわゆる国家資格は取れません。

看護師の専門学校のようなところなら、卒業時に国家資格が取れます。

しかし漫画の専門学校の卒業時には、専門士と言う単語と、履歴書に明記できる卒業履歴が取れるだけです。

とは言え、高卒とはちょっと違ってきますので、その点はそれなりに評価されますね。

漫画の専門学校卒業後の就職

漫画の専門学校を卒業したけど、どうも漫画家になるのは無理らしいと思った場合とか、しばらく自分で描き続けようと思った場合、自活の道に入ることになります。

特に親がかりも出来ない場合は、就職してお金を稼がなくてはなりません。

でも漫画の専門学校卒の場合、どんな就職先があるのでしょうか。

餅は餅屋で雑誌などの編集に

これは在学中の顔つなぎが大事になってきます。

正直、卒業してからでは遅い就職先の1つですね。

ただ学校によっては普通に就職先として、掲示してくれるところもありますので、そうした時には第一候補にするといいでしょう。

自分は漫画の道は歩けそうもないけど、でも漫画に関係した仕事をしたい、漫画家を育てる仕事に就きたいなどの人にはおすすめです。

ただ就職先としては結構入るのが難しいのも事実です。

もし伝手があったら早めに抑えておきましょう。

運が良ければ講師に

これも非常に僅かですが、そのまま学校の講師に引き抜かれることもないではありません。

抜きん出たセンスや技量がありながら、何故か漫画のコンクールなどには弱いという人の場合、学校から話があったら非常にラッキーですね。

それこそ後進を育てながら、それでも夢を持ち続けて自分も漫画を描き続けることのできる仕事です。

ただこれも、本当に小さなチャンスだということは事実なのです。

ごく普通に新卒として就職試験

ギリギリまで粘っても、もうどうにもならないという場合は、それでも新卒であることに変わりはないので普通に就職試験という運びになります。

運が良ければここでも、アニメの制作会社とかの関係業界に入ることも出来ます。

しかしほとんどの人の場合ごく普通の仕事に就くことになりますね。

卒業後の就職先を見てみると、中小企業が多いのは仕方のないことです。

でもまだそこから一念発起、ということも出来ないではないのです。

最後まで諦めないで、仕事の傍ら絵を描くという人、漫画を描くという人の場合、中小企業での仕事も描く時間が取れるという点では悪くありません。

まとめ

漫画の専門学校を出ても、全員が漫画家になれるわけではない、わかっていても夢は見てしまいます。

でもその夢が終わってしまう場合のことも、考えておかなくてはいけません。

普通の大学とかと違って、専門職の漫画です。

在学中からすでに戦いが始まっていることを、常に忘れないでくださいね。