漫画を描きたい!専門学校に通いたい!でもお金と時間がと言う人には!

漫画家を目指す人で、でもちょっと絵の基礎とかストーリー作りのコツとかがわからないなどという場合、専門学校に通って学ぶのも1つの手です。

もちろん独学で持ち込みやコンクールで頑張るのもありですが、基礎を学ぶには専門学校がおすすめなのです。

でもその専門学校に通う暇がない、仕事優先という人の場合どうしたらいいのでしょうか。

専門学校で漫画を学びたいけれど

専門学校では基礎中の基礎、デッサンからひとつひとつ学ぶことが出来ます。

しかし事情によっては全日制に通えな人もいます。

そんな人のために、専門学校には夜間部や通信講座を整えている学校もあります。

全日制の場合、ほぼ1日授業で拘束されますから、時間に余裕のある人でなくては通えません。

またそれなりに、授業料などもかかります。

お金と時間に余裕があること、これが全日制に通える条件でもあるのです。

しかしそれがない場合、すでに仕事も持っていて昼間は仕事をしなくてはいけない、またお金の余裕がそれほどない人の場合は夜間部とか通信講座がおすすめなのですね。

なので、無理だと端から諦めずにこうした通信講座などのある学校を調べて見て下さい。

夢を諦めない、まだ学びたいという人にはこうした手もあるのです。

漫画の専門学校の通信講座はこうした人におすすめ

特に通信講座について、こうした人のはおすすめというケースも見ていきましょう。

大学に通いつつ同時進行

一端が大学に進学したものの、漫画家への夢を諦められない場合には、大学はそのまま続けて同時に漫画の専門学校の通信講座で勉強してみませんか。

せっかく入った大学ですし、大学卒業という資格は取り逃したくないですね。

でも大学の授業だけで後は独学というのも、誘惑の多い大学生活では難しいものです。

通信講座なら課題も出されますので、それに向かって努力がしやすのです。

独学でと思ったけど

独学で漫画を描き続けるには、実はかなりの精神力が必要になります。

評価してくれる人は持ち込みやコンクールでの選者、もしくは周囲の人です。

もちろんそれなりに批評もしてくれますが、やはり出来上がった漫画に対する批評ですから、早々回数が多いわけでもありません。

漫画の専門学校の通信講座なら、課題に対してプロの講師が批評をしてくれます。

これは励みになりますね。

独学するにはちょっと自分の精神力に自信がない、と言う人にも通信講座はおすすめです。

最大の問題はお金について

漫画の専門学校だけでなく、全日制の専門学校の場合授業料等実は結構掛かるのです。

専門的な授業になりますから、設備費についてもそれなりに掛かります。

結果、年間にかかる費用は大学とあまり変わらない、ということにもなるのです。

もちろん安い授業料のところもありますが、設備などがあまり良くないという学校もあるので、激安なところはおすすめできません。

となった場合、先立つものがなければ入学の後どうにもなりません。

特に親がかりの高卒の場合、親の許可がなければバイトしつつ独学ということにもなります。

そんな場合に通信講座なら、全日制よりもかなり安く授業が受けられるのです。

すでに社会人の場合にも

漫画家になりたくて学生時代に頑張ったけど、でも結局生活のために就職した、と言う人もいます。

こうした人の場合、何かの時間を見つけて仕事の傍らに漫画を描く、と言う努力を続けている人も少なくありません。

となった場合、単に自分だけで描くよりもそれなりに批評添削してくれる専門学校の通信講座はお役立ちです。

漫画というものは生き物なので、時代時代で変化します。

その変化に、社会人の場合疎くなっていることがあるのです。

専門学校の通信講座なら、そのあたりについても批評添削をしてくれます。

通信講座ってでも効率的に勉強ができるの

その昔だと通信講座は、まず課題が送られてきてそれをこなし、出来上がった原稿とかをまた郵便で送り返す、といったものでした。

学校にそれが到着して、講師がそれを添削してまた送り返して、描き直しとかその後の指針を示してくれたものです。

しかしこれ、読んだだけでわかると思うのですが、大変に時間がかかったのです。

課題が郵便で送られる、それを描く、送り返す、多くの受講者から来た課題を講師が添削、特に課題と作品の移動時間でかなり多くの時間を取られたものです。

なので通信講座と言うと今でも、サクサク進めない、時間ばかりかかると言ったイメージが付きまといます。

でも今ではインターネットという、こうした講座にとっては強い味方が存在します。

通信講座と言っても、本当にその場で通信して質問ができる学校もあります。

ネットのおかげで、通信講座とは時間がかかるだけ、と言ったイメージが払拭されたのです。

また講義が動画で行われる学校もあるので、単に文字だけでない学習もできるのです。

実技が大事な漫画の専門学校の通信講座、ネットのおかげで今ではサクサク効率的な授業内容になっているのです。

まとめ

漫画の専門学校の通信講座と言うと、それって独学と同じじゃないか、授業料払うだけもったいない気がする、と言う人もいます。

しかし独学と大きく違うのは、細かく指導は批評をしてくれる講師がついている、ということなのです。

自分で頑張るはもちろんですが、やはり講師の目がある、批評してもらえるというのが魅力ですね。